プログラミング

「やりがい」こそがサーバーサイドエンジニアになる最大のメリット。

フロントエンドとサーバーサイドのエンジニアのどちらになろうか迷ってる…。
サーバーサイドエンジニアになるメリットってなんなんだろう…。

こんな疑問に答えていきます。

この記事では、サーバーサイドエンジニアのフロントエンドに比べた最大のメリットは何か、ということについて書いています。

僕自身、サーバーサイドのエンジニアに未経験から半年程でなりまして、今ではヨーロッパかリモートで仕事をしております。

また、フロントエンドのエンジニアになるか非常に悩んだこともあり、双方のメリットについて深く理解しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

前提:ウェブエンジニアには、フロントエンドとサーバーサイドがあります。

まず、前提としてウェブエンジニアには、大きく分けて2種類あるということについて簡単に説明します。

それが、
・フロントエンドエンジニア
・サーバーサイドエンジニア
ですね。
フロントエンドエンジニアは、ウェブサイトやウェブサービスの見た目を作っていくのが主な仕事になります。

対して、サーバーサイドエンジニアは、ウェブサービスの裏側で行われている処理を作っていくのが主な仕事になりますね。

たとえば、ウェブサービスを使う人に、名前を年齢を入力してもらったら、それをデータベースに保存して、参照したりするのがサーバーサイドエンジニアの仕事です。

ざっくりとでもよいので、この前提をおさえていただいて、記事を読んでもらうとわかりやすいかと思います。

結論:サーバーサイドは「やりがい」が最大のメリットです。

結論としては、サーバーサイドは「やりがい」こそが最大のメリットでして、これが僕がサーバーサイドが好きな理由でもあります。

理由をみていきましょう。

勉強してスキルを身につける程、給料が上がっていきます。

サーバーサイドの場合、勉強して身につけないといけないスキルが無限のようにありまして、できることが増えれば増えるほど、給料としてもらえるお金は上がっていきます。

よく、エンジニアは技術力よりも営業力をあげた方が給料があがる、と言っている方もいますが、これはフロントエンドについて話していることが多いですね。

サーバーサイドの場合は、とにかく「何ができるのか」が一番重要でして、これは社員だろうがフリーランスだろうが関係ないです。

また、スキルを測る一番多い方法として、実務経験を見るというのがあります。

要は、長く働いている人の方が技術力が高い可能性が高いので、その分たかい給料を払ってでも雇いたい、という考え方ですね。

なので、勉強しながら仕事をこなしていくだけで、自分の市場価値があがっていくんですよ。

僕はまさにここに「やりがい」を感じていまして、新しいことを覚えれば覚えるほど、自分の給料に直結するのは楽しいですね。

フロントエンドは、どうしても単純作業になりがち。

また、フロントエンドの仕事というのは、デザインに忠実に見た目を作ったりしていくことだったりするので、どうしても単純作業になりがりです。

この点で、やりがいという意味ではサーバーサイドの方がメリットが大きいなぁと。

また、フロントエンドはスキルで差別化が難しいこともあって、どちらかというと営業力やマーケティング能力が重要になるイメージですね。

なので、「やりがい」という意味ではサーバーサイドに対して少し劣る、というのが僕の考え方です。

勉強が好き、考えるのが好きという人にはサーバーサイドがおすすめ。

もちろん、フロントエンドが頭を使わないというわけではないですが、サーバーサイドなら、勉強しながら、考えながら課題を解決していくことが仕事になります。

例えば、

  • 特定のユーザーにだけキャンペーンであることを伝えたいけど、どうすれば良いか?
  • 訪れる人によって、出す広告を切り替えたい

などなど、考えて方法を編み出さないと実装できないようなものをなんとかして実現していきます。

難しすぎて、心が折れそうになることもありますが、そんな問題・課題こそ解決したときの達成感はすごいです。

そういった、頭を使って問題を解決していくことがもともと好き、という方にはサーバーサイドエンジニアを強くオススメしますね。

まとめ:仕事に「やりがい」を求めるならサーバーサイドがオススメできます。

この記事では、

  • 前提としてウェブエンジニアには、フロントエンドとサーバーサイドがある
  • 結論としてサーバーサイドは「やりがい」が最大のメリット
  • サーバーサイドは勉強してスキルを身につける程、給料が上がっていく
  • フロントエンドは、どうしても単純作業になりがち
  • 勉強が好き、考えるのが好きという人にはサーバーサイドがおすすめ

ということについて書きました。

知的で、どんどん新しいスキルが身についていくのがサーバーサイドエンジニアです。

僕もそうですが、問題解決などが好きな方にはオススメできる職業ですので、フロントエンドと迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter