フリーランス

ヨーロッパでノマドとして生きていくための最低収入は月○万円です。

ヨーロッパでノマドとして生きていきたいけど、いくら稼げれば良いんだろう…。
月にいくら稼げていれば、生活していけるんだろう…。

こんな疑問に答えていきます。

この記事を読めば、月に最低いくら稼いでいれば良いのか、ということがわかります。

実際に僕も、エンジニアとしてヨーロッパでノマドとして生きていまして、ヨーロッパでも生活費の最も安い東欧で暮らしております。

これからヨーロッパでのノマドを目指す方はぜひ参考にしてみてください。

ヨーロッパでノマドとして生きていくためには、最低10万円を稼げばOK

結論から書いてしまうと、ヨーロッパでノマドとして生きていくなら、最低10万円を稼げればOKです。

これは、ヨーロッパで実際にノマドとして数ヶ月暮らしてみて出した結論ですね。

もちろん、人によって生活費は多少変わってきますが、それでも10万円あればOKというパターンが多いでしょう。

それでは、詳しく理由は背景を書いていきますね。

ヨーロッパでもっとも生活費が安いのは、東欧諸国です。

まず、そもそもの背景ですが、ヨーロッパで生活費が最も安いのが東欧諸国になります。

ヨーロッパの東に位置する国でして、その中でも特にセルビアやボスニアといった国の生活費が安い印象ですね。

東欧セルビアでの月にかかる生活費は、約10万円

実際に僕は東欧のセルビアという国で暮らしていまして、月にかかる生活費は多めに見積もって10万円ほどになります。

内訳としては、

家賃:3〜4万円
食費:1〜2万円
交際費:2〜3万円
交通費:5千円
合計:6.5~9.5万円

といった感じです。

Airbnbで一ヶ月ごとに家を変えているので、家賃は少し幅がありますが、二人でシェアしていて、1人4万円を超えることはないですね。

食費は基本自炊していて、金土の夜は外で食べることが多い感じです。

交際費は、僕はかなりお酒を飲んで遊ぶのが好きでして、お酒代や女の子とのデート代に使っています。

とはいえ、セルビアでは店で特大ジョッキのビールを飲んでも200円くらいですので、日本に比べたらかなり抑えられてれいますよ。

とまぁこんな感じで要は、別に節約している訳ではないレベルの生活費で月に10万円かからないくらいなんですよね。

本当に切り詰めれば、月に5万円も達成できるとは思いますが、ノマドワーカーは旅人と違って、生産的な日々を送らないといけません。

ストレスや疲れがたまって、仕事ができないみたいなことが起きてしまうと、完全に悪循環にハマってしまうので。

ということで、月に最低でも10万円稼げていれば、余裕のある暮らしをしながらノマドワーカーとして生きていけるということですね。

ノマドとして生きていくための最低収入は月5万円です。

ちなみに、ヨーロッパに限らずにノマドとして生きていく最低の収入は月5万円ですね。

東欧も生活費が安いとはいえ、世界にはもっと生活費の安い場所がたくさんあるんですよね。

そんな国で生活すれば、月に5万円で生きていけるので、ノマドとして生きるハードルはさらに下がります。

もう少し詳しく書いていきます。

東南アジアで暮らすのが最も生活費が安いです。

現状、現実的な選択肢として最も安く生活できるのはタイやフィリピンなどの東南アジアになります。

もちろん、アフリカや南米にもっと安い国があるかもしれませんが、現実的な選択肢としてはハードルが高すぎるかなと。

タイやフィリピンでは、リアルに月5万円の生活費で生きていくことが可能なんですよね。

家賃も2〜3万円ほどでジムやプールのついたコンドミニアムに住めますし、食費も日本に比べてかなり抑えられます。

僕も、フィリピンのセブ島にて半年間ほど生活していたことがありますが、毎日遊ぶみたいなことがなければ、月5万円は全然余裕ですね。

食費も、カレンデリアというローカルな食堂で食べれば、1食100円程度です。

自炊しなくても、かなり出費を抑えることができます。

ということで、東南アジアであれば月5万円稼げていれば、ノマドとして生きていくことは最低限可能であるといえますね。

ノマドとして生きていくなら、生活費を落とすのが必須です。

ノマドとして生きていくなら、どこの国にいたとしても生活費を落とすことは意識しなければいけません。

海外ノマドは収入が安定しませんし、収入がなくなってしまったときにバイトでなんとかしのぐ、みたいなのも不可能です。

とにかく日本で生きていくよりも色んな意味でリスクが大きいことをしっかりと認識をして、日々の出費は最低限抑えておくことをオススメしますね。

稼げなくても生きていける日数が、あなたのライフポイントです。

たとえば、貯金が20万円あったとして、日本だと収入なしで生きていけるのは1ヶ月程度ですよね。

それが、東南アジアなどで生活費を落としながら生きていると、5万円で暮らせますので四ヶ月は最低でも生きていける計算になります。

これは、人生のライフポイントを意味していまして、最悪稼げなくなってしまっても4ヶ月は死なないというのはかなり重要なんですよ。

ノマドとして海外で生きていくなら、この視点を忘れないようにしておくことをとにかくオススメします。

まとめ:ヨーロッパでのノマドなら、月に10万。東南アジアなら5万円が最低ラインと考えよう。

この記事では、

  • ヨーロッパでノマドとして生きていくためには、最低10万円を稼げばOK
  • ヨーロッパでもっとも生活費が安いのは、東欧諸国
  • ノマドとして生きていくための最低収入は月5万円
  • ノマドとして生きていくなら、生活費を落とすのが必須

ということについて書きました。

これから海外での、特にヨーロッパでのノマド生活に憧れるかたの参考になれば嬉しいです。

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter