フリーランス

ヨーロッパでの海外フリーランスなら、東欧がオススメな5つの理由。

ヨーロッパで海外フリーランスをしたいけど、どの国にすれば良いだろう…。
東南アジアも良いけど、やっぱりヨーロッパでフリーランスがしたい…。

こんな疑問に答えていきます。

この記事では、ヨーロッパので海外フリーランスなら、東欧をまずはオススメする理由について書いています。

僕自身、東欧のセルビアという国でフリーランスエンジニアをしておりまして、東欧諸国を周っております。

実体験をもとにオススメできる理由をかいていますので、ぜひ参考にしてみてください。

前提:海外でのフリーランスは何かと不安が多いです。

まずはじめに経験者として言っておきたいのが、海外フリーランスは何かと不安に感じることが多いです。

例えば、

  • 収入が途絶えたらどうしよう…
  • 事故に巻き込まれたらどうしよう…
  • そもそも海外で楽しくやっていけるんだろうか…

などなど。

こんな不安に対して、ベストな選択肢となるのが東欧なんですよね。

では、その理由について詳しく見ていきましょう。

ヨーロッパでの海外フリーランスなら、東欧をオススメする5つの理由

1. 東欧諸国の物価はかなり安い

まず、一番大きい理由がこれでして、物価の安さはフリーランスにとって最も大きな要素の1つといえます。

収入が不安定なフリーランスにとって、生活費を下げることは人生の安定度に直結します。

例えば、収入が30万円でも東京で暮らしていたら月に10万円貯金できれば良い方ですよね。

東欧諸国なら、家賃も含めて月に10万円あれば十分すぎるくらいです。

なので、同じ収入でも貯金できる額が2倍になったりするんですよ。

これはフリーランスにとってかなり大きなメリットになります。

30万円の貯金があれば、3ヶ月は最悪お金が無くなることがないので、その間に稼げばOK、という感じで心に余裕も生まれますよ。

2. 東欧諸国は治安が良い

意外に思うかもしれませんが、東欧諸国は基本的に治安が良いです。

例えばいま僕がいるセルビアという国も本当に治安が良くて、いろんな場所に飲みにいったりしていますが、危険を感じたことはありません。

むしろ、東京の方が危険を感じることが多いような気がします…。

ともかく、基本的に東欧諸国は治安がそこまで悪くないんですよね。

東南アジアに比べれば断然治安が良いと思って良いですよ。

実際にフィリピンに半年程住んでいたことがあるんですが、明らかにセルビアの方が治安も良く町も綺麗です。

海外に住んでいると治安は非常に大きな意味を持ちます。

ヨーロッパで海外フリーランスを考えている方は、ぜひこの点も調べてみてください。

3. ビザについて考えなくて良い方法がいくつかある

3つ目はビザについてです。

ビザというのはどこの国でもややこしく、一体どういう条件が整っていれば自分にビザがおりるのかよくわからないですよね。

そんなときに有効なのが、デュアルライフです。

デュアルライフというのは、2つの地域に拠点をもち、定期的に移動しながら暮らしていくライフスタイルのこと。

セルビア、ボスニアなどの国はEUに加盟していません。

EU加盟国の場合はどこの場合でも基本的にビザ無しで3ヶ月まで滞在できますが、その後はEU以外の国で3ヶ月滞在しないとダメなんです。

なので、EUに3ヶ月滞在して、セルビアのような非EUに3ヶ月滞在するという方法を使えば、ビザ無しで暮らしていくことが可能になります。

もちろん、2拠点とはいえわざわざ家を2箇所もつ必要はなく、Airbnbのようなサービスを使って格安に滞在すればOKですね。

また東欧ポーランドという国はEUに加盟している国ですが、二国間協定というのを日本と締結しています。

これにより、3ヶ月の滞在後一度国を出て数日間違う国で滞在して、またポーランドに戻ってくることが可能になるんですよね。

これなら長期的にポーランドに滞在することも可能になりますので、ややこしくお金のかかるビザについて考慮する必要がありません。

これは大きなメリットになるんじゃないでしょうか。

4. 英語を上手に話せる若者が多いので英語が勉強できる

東欧諸国の若者は、基本的に英語を話せる人が多いです。しかもかなり高いレベルで英語を使えるんですよね。

単語や文法が近いのが理由かもしれませんが、ともかく若い人はかなり流暢な英語を使います。

なので、英語さえ話せるようにしておけば若い人たちとの会話にこまるころはほぼありません。

ただ、年配の方々はあまり英語を話せない人も多いので、スーパーマーケットやローカルな飲食店では会話に困ることもあります。

とはいえ、そういった機会はそこまで多くありませんし、ジェスチャーでなんとかなるので、英語さえ覚えておけば生活にこまることはそんなにないですね。

友達を作ればもちろん英語の勉強になりますよ。

5. ナイトライフが充実している(遊びで困らない)

ナイトライフ(バー、クラブ)などはヨーロッパの文化ですので、やっぱりアジアよりも数が多く発達しているイメージがあります。

例えば、ベオグラードはナイトライフが有名な都市で、いたるところにクラブがあります。

お酒を飲みながら陽気なセルビア人たちと遊ぶのは本当に楽しいですよ。ちなみに、セルビア人はめっちゃ優しくていい人が多いですね。

もちろん、物価が安いので外で飲んでもビールはかなり大きなジョッキで200円程度。

気軽にハメを外して遊ぶことができるのも東欧諸国の魅力といえます。

まとめ:東欧諸国はヨーロッパで最も安く楽しく生活できる国々です。

この記事では、海外フリーランスに東欧諸国をオススメする理由について書いてきました。

理由をまとめると、

  1. 東欧諸国の物価はかなり安い
  2. 東欧諸国は治安が良い
  3. ビザについて考えなくて良い方法がいくつかある
  4. 英語を上手に話せる若者が多いので英語が勉強できる
  5. ナイトライフが充実している(遊びで困らない)

というものでした。

ぜひ海外フリーランスを目指す方は、東欧を目指してみてはいかがでしょうか。

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

人気記事【無料】海外旅行・ノマドでおすすめの、最低限用意するべきクレジットカード

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter