海外で暮らす

セルビアに観光・旅行するならバス停の近さで滞在先を選ぶのがベスト。

セルビアに観光したいけど、どこに滞在するのが良いんだろう…。
セルビアでの滞在なら、どの基準で滞在先を選ぶのが良いんだろう…。

こんな疑問に答えていきます。

この記事を読めば、セルビアでの滞在先をどのような基準で選ぶべきかがわかります。

僕自身、セルビアのベオグラードに1ヶ月以上滞在していまして、実際に住んでみて分かったことを書いてますので、結構参考になるんじゃないかなと思います。

セルビアのベオグラードはバスと路面電車が発達しています。

ベオグラードは、かなりバスと路面電車が発達していてバスだけで言うと日本よりも全然便利です。

本数もかなり多く、様々なルートのバスが平日なら3分ごとくらいにバス停に来ます。

しかも、セルビアのバスはバス停に長く止まらない&スピードが速いので、日本の感覚よりも全然早く目的地につきます。

バスの乗り方やチケットの買い方などはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【実体験】セルビアの首都、ベオグラード市内を走るバスの乗り方を解説 「セルビアの首都、ベオグラードを観光する予定だ」 「ベオグラードのバスの乗り方を知りたい」 そんな方に向けて書き...

バスに乗るまでの時間が一番重要

日本でも同じかと思うんですが、駅まで20分かかるような場所に住んでしまうと、なかなか不便ですよね。

海外だと車を使うという選択肢もありませんし、徒歩でバス停までどれくらいかかるかが一番重要になってきます。

バスにさえ乗ってしまえば本当にすぐに目的地までたどりつけますので。

それでは、バス停までの距離や、バスでどれくらい時間がかかるのか調べるサービスがありますので、詳しく解説していきます。

Easy-wayを使って目的地までの時間を調べよう

Easy-wayというサイトを使うと、マップ上の点から目的地までのバスを使った行き方を教えてくれます。

こんな感じで、
スタート地点と目的地点をタップすればどの路線を使って目的地に行けばよいかと、かかる時間がわかります。

Trip time: 14 min. (6 min. by transport + 8 min. by foot)と書いてあると思いますが、by transportがバスに乗っている時間で、by footというのがバス停までの時間ですね。

バスにさえ乗ってしまえば、移動としてはかなり楽なので、個人的にはby foot、 つまり歩いてバスまでどれくらい時間がかかるのかを重視した方が良いですね。

タクシーを使ってもそこまで金額は高くない

ベオグラードは24時間バスが走っていて、深夜でも1時間に1〜2本はバスが来ます。

なので、夜遅くまで出かけてしまったとしても、バスがあるので帰れなくなることはありません。

とはいえ、お酒を飲んでしまったり、疲れているとタクシーを使いたくなりますよね。

ベオグラードはタクシーが沢山街中を走っていますので、割と簡単につかまえることができます。

料金は日本に比べてかなり安く、感覚としては3分の1くらいの値段だと思って良いですね。

たとえば、僕は中心地から3kmほどのところに住んでるんですが、深夜タクシーで帰るとだいたい600円くらいですね。

日本に比べたらかなり安いと思いますので、疲れてしまったときなどはタクシー使うのが良いかもしれません。

ただ、川沿いはボッタクリタクシーがいるので注意

ベオグラードには川沿いにクラブが沢山あって、ここにはボッタクリタクシーが大量にいるので気をつけましょう。

僕らも、1500円くらいのところを5000円くらいとられたこともあります。

街中であれば基本的にぼったくりタクシーはいないのですが、川沿いのタクシーはほぼ全部ぼったくりだと考えた方が良いくらいです。

なので、基本的に川沿いでタクシーを拾わないようにすれば基本的に大丈夫かと思います。

まとめ:ベオグラードではバス停までの距離で滞在場所を選ぶと便利に暮らせます。

この記事では、

  • セルビアのベオグラードはバスと路面電車が発達している
  • バスに乗るまでの時間が一番重要
  • Easy-wayを使って目的地までの時間を調べよう
  • タクシーを使ってもそこまで金額は高くない

ということについて書きました。

セルビアは人も本当に優しくて、物価も安く過ごしやすい場所です。ぜひベオグラードに一度は訪れてみて欲しいですね。

分からないことなどがもしあった場合は、現地にいる僕にTwitterで質問してもらえれば、基本的にいつでも対応可能なのでぜひぜひ。

僕のtwitterアカウント

匿名の質問箱も用意してますので、ぜひぜひ(ツイートのネタになるので嬉しいです。笑)。

僕の質問箱

人気記事【無料】海外旅行・ノマドでおすすめの、最低限用意するべきクレジットカード

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter