副業・ネットで稼ぐ

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット・デメリット

「海外移住に興味がある」

「海外在住だが、クラウドソーシングをするつもりだ」

そんな方へ。

この記事では、海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリットとデメリットを解説していきます。

実際に僕が海外(セルビア)に滞在しながらクラウドソーシングで仕事をしてみて気付いたことを絡めて書くので、海外在住の方・海外移住予定の方はぜひ参考にしてください。

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット

まずは、海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリットを紹介していきます。

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット①:物価が安い国なら報酬が安くても生きていける

これが海外在住の一番のメリットかもしれません。

日本よりも物価の安い国に在住しているのであれば、生活費が安く済みます。

例えば、僕が今住んでいるセルビア共和国の首都ベオグラードであれば、月に10万円もあればそこそこ余裕のある生活が可能

【実際に生活してみた】セルビアの首都ベオグラードの物価を公開

ゆえに、ライティングなどの報酬が低くて簡単な案件をこなしているだけでも、十分に生活していけます。

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット②:海外に住んでいることを活かした仕事ができる

2つ目のメリットは、海外在住であることを活かした仕事ができるという点。

例えば、海外旅行系メディアのライティング案件や、翻訳のお仕事などがそれにあたります。

海外在住というと、日々の生活自体がレアな体験であり、他のワーカーとの差別化にもなります。

ゆえに、クラウドソーシングで仕事を探す際には海外在住であることを活かさない手はないでしょう。

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット③:新鮮な環境で作業ができる

海外在住者の中でも特に、僕らのように短いスパンで住む場所を変えるスタイルの方の場合、常に新鮮な環境で作業に打ち込むことができます

クラウドソーシングでの仕事というと、毎日自分の部屋にこもって作業をすることが多いのではないかと思います。

同じ場所で長時間作業をしていると、結構疲れますし、マンネリ化してしまいます。

海外在住で、かつ住む場所を数か月ごとに変えるスタイルの場合、圧倒的にマンネリ化を防げます。

飽きずに作業を続けるためにも、環境を変えることは結構重要です。

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのデメリット

海外に住みながらクラウドソーシングで仕事をすることにはもちろんデメリットもあります。

僕が実際に感じたデメリットを紹介していきます。

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのデメリット①:時差で納期を勘違いしてしまうことがある

僕の場合、海外と日本の時差のずれによって納期を勘違いしてしまったことがありました。

例えば、5月30日(日本時間)が納期の仕事をクラウドソーシングで受注したとします。

セルビア時間の5月30日午後8時に納品したとしても、日本では5月31日の午前3時で既に納期オーバー

海外現地の時間でスケジュール管理をしていると日本時間で設定されている納期を過ぎてしまうことがあるので、海外在住の方は注意してください。

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのデメリット②:源泉徴収税を引かれてしまうことがある

海外在住者がクラウドソーシングで報酬を受け取る場合、所得税は実際に居住している国に納めます。(税務署に確認済み)

(ビザ無しで海外渡航している場合はこのあたりが微妙です)

ですが、クライアントによっては、源泉徴収税を差し引いた上で報酬額が支払われるケースが多々あります。(目的は、ワーカーの脱税を防止するため)

そうなった場合、日本と居住国の両方に税金を支払う羽目になってしまいます

もし、源泉徴収税を引かれる案件を受注する場合は、クライアントに海外在住である旨を伝え、源泉所得税を引かずに報酬を支払えるか聞いてみましょう

海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのデメリット③:事務所訪問ありの仕事が受けられない

海外在住なので当たり前ですが、事務所訪問が義務付けられている依頼は受けられません

僕が実際にクラウドソーシングでライティング案件を探していても、事務所訪問を義務付けている案件をちらほら見かけます。

海外在住者は事務所訪問が不要な案件に依頼していくことをオススメしますが、どうしても受注したい案件が事務所訪問を必要としている場合、ダメもとで海外在住である旨を伝えてみてもいいでしょう。

特例として事務所訪問無しでの契約が認められるかもしれません。

これから仕事を始める海外在住者へ。まずはクラウドソーシングに登録しよう

まだお仕事を始めていない方はクラウドソーシングに登録し、今回紹介した「海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット・デメリット」を踏まえて仕事を始めてみてはいかがでしょうか。

とりあえず、以下の2大クラウドソーシングを利用してみることをオススメします。

上記リンクから無料で登録できますので、この機会にぜひ。

ちなみに、初心者であればライティングお仕事がおすすめです。理由はこちら↓↓

【初心者がネットで稼ぐには】まずはライティングをオススメする理由

まとめ:海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット・デメリット

以上をまとめると、

  • 海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット①:物価が安い国なら報酬が安くて簡単な仕事をこなしているだけで生活できる
  • 海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット②:海外在住であることを活かした仕事ができる(旅系のライティングや翻訳)
  • 海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのメリット③:海外在住で、かつ住む場所を短いスパンで変える場合、作業環境のマンネリ化を防げる
  • 海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのデメリット①:海外と日本の時差により納期を勘違いしてしまうことがある
  • 海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのデメリット②:海外在住で日本に所得税を納める必要がない場合でも、源泉徴収税を引かれることがある
  • 海外在住者がクラウドソーシングで仕事をすることのデメリット③:事務所訪問ありの仕事が受けられない

という感じです。

既に海外在住もしくは海外に移住予定で、クラウドソーシングで仕事をするつもりの方は、ぜひ参考にして仕事を始めてみて下さい。

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

人気記事【無料】海外旅行・ノマドでおすすめの、最低限用意するべきクレジットカード

ABOUT ME
井上 駿
元食品会社の新卒社員。いのしゅん。 ↓↓twitter