フリーランス

サーバーサイドエンジニアとしてリモートワーク可能な会社は少ない?

サーバーサイドエンジニアだけど、リモートワークできる会社ってないのかな…。
リモートワークってフロントエンドエンジニアだけなのかな…。

こんな疑問に答えていきます。

この記事では、サーバーサイドエンジニアとしてリモートワーク可能な会社を見つけるのは、難しいのかということにつて書いていきます。

僕自身、サーバーサイドエンジニアとして海外からリモートワークをしている状況です。

そんな経験をもとに、サーバーサイドエンジニアのリモートワーク事情について書いていきますので、ぜひ参考にしてください。

結論:確かにサーバーサイドのリモートワークは未だに少ないです。

結論から書いてしまいますが、確かにいまだにサーバーサイドエンジニアに対して、完全リモートワークを許可している会社はいまだに少ないですね。

完全リモートでできる仕事といえば、やっぱりフロント系の仕事が多いです。

リモートワークOKとはいえ、週に1回はオフィスに来てもらう、などの条件がほとんどであまりリモートワークのメリットを活かせないようなところばかりですね。

原因はセキュリティ?マネジメント?

原因としてよく言われるのが、

  1. セキュリティの問題
  2. マネジメントの問題

ですね。

セキュリティに関しては、会社以外の環境からデータにアクセスすること自体が危険だというものです。

また、マネジメントの問題は、社内にいない人間をどうやって上手く働かせるか、ということですね。

この2つ、実は全くもって本質的な原因じゃないんです。

なぜなら、GITLABのように、セキュリティが死ぬほど重要なサービスを作っている会社は、実は全社員リモートなんですよ。

つまり、セキュリティの問題なんて、技術的にカバーできることで、大した問題じゃないんですね。

マネジメントなんて、もっと大した問題じゃなくて、管理するべきなのは仕事の進み具合で、これはツールを使えば普通にできます。

会社にきて、いちいち面と向かってミーティングしないと仕事が管理できない、みたいのは、単に慣れの問題だと思いますね。

まとめると、要は現状言われてるような原因はあまり問題じゃなく、日本の企業がいまだに新しい働き方に疑問を持ってたり、対応できてないのが原因だと僕は考えています。

実務経験半年で海外リモートワークになれたのはなぜ?

そんな状況ですが、僕は実務経験半年くらいでリモートワーカーとして海外(ヨーロッパ)で生活するようになりました。

経験年数を考えると、かなり珍しい方じゃないかなと思います。特にサーバーサイドのエンジニアとしては。

では、なぜこんな実務経験でもリモートワーカーになれたのかというと

  1. 運が良かった
  2. 自分で提案した

というのがあります。

1つ目の運ですが、もともとインターンとして働いていた会社が、イケてる会社でして、リモートワークに対して抵抗がなかったことは大きかったですね。

もう1つは提案した、という事実です。僕は半年ほどインターンとして働いた会社に、続けて欲しいと言ってもらえました。

そのタイミングで、海外でのリモートワークを提案したことが非常に大きかったですね。

ほとんどの人は、そんな提案はしないと思います。週1〜2リモートワークならまだしも、フルリモートでしかも海外からだったので。

別にダメだったら他の会社で働くアテがあったので、できたことですが、このような提案をしてるエンジニアの方って少ないんじゃないかなと。

リモート系の案件や求人を探すのも大事ですが、会社に自分のやりたい働き方を提案するのはアリかなと思いますね。

実際、転職先さえしっかり抑えておけば、リスクも最低限にできますし、このへんの交渉は慣れるとあとあと有利に働くかもです。

本気でリモートを目指すなら、フロント系のスキルもできて損はない。

サーバーサイドのエンジニアとはいえ、リモートワークに真剣にトライしたい場合は、フロント系のスキルも習得しておいて損はないですね。

たとえば、リモートワークで生活費の安い場所に引っ越して、月5〜10万円くらいで暮らせば、フロント系のスキルでコーディングしているだけでも稼げます。

そんな生活をしながら、サーバーサイドでリモートワークが可能な会社を探すのも1つの手ですね。

結局、フリーランスの方がリモートワークが実現しやすいのも事実でして、生活費を下げて色んな技術にトライすうのも悪くないですよ。

僕も、これからいまの会社との契約がどうなるか分からないので、フロント系のスキルも少しずつ磨いていますし、案件もどんどんとっていこうと考えています。

まとめ:サーバーサイドのリモートは未だに少ない。ただ、大事なのは提案することです。

この記事では、

  • 結論として、確かにサーバーサイドのリモートワークは未だに少ない
  • 原因はセキュリティ?マネジメント?
  • 実務経験半年で海外リモートワークになれたのはなぜ?
  • フロント系のスキルもできて損はない。

ということについて書きました。

これからサーバーサイドのエンジニアとしてリモートワークを目指していく人の3個になれば嬉しいです。

 

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter