副業・ネットで稼ぐ

デジタルノマド・ハイパーノマドとして海外で暮らすことのメリット。

デジタルノマド・ハイパーノマドって一体なんだろう…。
海外でノマドをするとどんなメリットがあるんだろう…。

こんな疑問に答えていきます。

この記事を読めば、デジタルノマド・ハイパーノマドとして海外で生活することのメリットが詳しくわかります。

僕自身、未経験から1年でフリーランスのエンジニアになり、いまはヨーロッパでデジタルノマド・ハイパーノマドと呼ばれる暮らし方をしています。

実際の体験をもとに詳しく書いていくので、ぜひ参考にしてみてください。

デジタルノマド・ハイパーノマドってそもそもなに?

デジタルノマドとは、仕事に使うPCやスマホなどのデジタル機器と最小限の荷物で身軽に暮らし、住みたいところへ自由に移動しながら生きていくライフスタイルのこと
Social Design News

つまり、Macbook一台とバックパックにつめて、仕事をしながら移動し続ける人ような人たちのことですね。

ハイパーノマドは、これに加えてよりグローバルな要素が強くなります。

場所にとらわれないのはもちろん、国にもとらわれないような人たちですね。

僕も、いちおうヨーロッパでMacbook1つで仕事をしながら生活しているため、デジタルノマドであって、ハイパーノマドでもあります。

それでは、実際にデジタルノマド・ハイパーノマドとして暮らしている僕が感じた、3つのメリットについて詳しく書いていきますね。

デジタルノマド・ハイパーノマドとして海外で暮らすことの3つのメリット

1. いつでも、どこでも好きな場所にいける

当たり前の様な気もしますが、これば最大のメリットです。

僕がいまヨーロッパで暮らせているように、ノマドであればどんな国でも生きていくことが可能です。

収入によってはもちろんハードルの高い国もあります。アメリカのサンフランシスコなんかだと月にいくら稼いでも足りないくらいですからね。

とはいえ、ほとんどの国は日本よりも生活費が安いので、日本でノマドとして生きていける方は、収入面ではほとんどの国で生活できると考えてOKですね。

花粉や寒いのが苦手な方は、南国のフィリピンやインドネシアにいくのも良いですし、逆に暑いのが苦手な方は北欧なんかもオススメです。

また、お祭りが好きな人に合った国、ビル街が好きな人に合った国など自分に合わせて好きな場所に住めることはメリット以外の何者でもないですよね。

僕は、この事実こそこれからの若い世代の重要な価値観になってくると信じています。

LCCで移動費は圧倒的に安くなりましたし、Airbnbで宿も安くとることが可能です。

好きな場所で好きな時期に暮らせるツールはすでに揃っているんですね。

この時代に自分の住む場所を縛られることはナンセンスなんじゃないでしょうか。

2. 収入面でのリスクをコントロールできる

基本的に、ノマドは1の会社に所属しないことが多いです。

なので、収入面でのリスクは完全に自分でコントロールする他ないですね。

会社に所属していると、会社が潰れてしまえば自分ではどうすることもできないですし、会社が潰れるリスクを一社員がコントロールすることは不可能です。

ノマドの場合は、働く量をコントロールすることも可能ですし、生活費の安い国に移動すれば生活コストを下げることも可能になります。

収入が20万円でも、ノマドなら月5万円で生きていける国に暮らせばリスクは小さいですよね。

日本にいると、どうしても15万円くらいは生活費に消えるでしょう。

同じ収入でも、リスクが大きく違うんです。

これをコントロールできるというのはノマドの大きな強みで、メリットといえると思いますね。

3. 生活そのままをコンテンツとして発信できる

最後がこれですね。

デジタルノマド・ハイパーノマドと呼ばれる生活は、自由なイメージからか憧れる人も多く、生活がそのままコンテンツとして成り立ちます。

カフェでMacbookを広げているだけの写真もinstagramですごい人気になってたりしますよね。

自分の生活をコンテンツとして発信するだけで、誰かの為になるのは大きな強みになります。

普通のサラリーマンが、通勤する日常を発信していても、想像通りなのであんまり面白くないと思います。

ノマドの場合は、誰も知らないような海外の田舎に行くだけで、独自のコンテンツになります。

これから旅行に行く人のためになれば幸いですし、読者の想像を膨らませるだけでも十分に価値がありますね。

実際に、instagramやブログを駆使して、ノマドの日常を発信することで生活している方もいます。

例えば、

この辺の方達は、ノマドとして海外で暮らしながら、エンジニアだったりブロガーだったりと様々な方法でお金を稼いでいます。

みなさん20代で僕と同じくらいの年齢で、月に100万円以上稼いでいて、すごいなぁと思うばかりです。

このように、ノマドという働き方は自分自身をコンテンツにして発信でき、それをお金に変えることも可能なんですよ。

メリットがメリットを産む、すごい生き方だなぁと思いますね。

最短でデジタルノマドになるならライターがおすすめ

デジタルノマド・ハイパーノマドを目指そうと思ったときに、PC1つでお金を稼ぐ必要があります。

PC1つでお金を稼げる仕事はいくつかあるんですが、一番簡単かつ特殊なスキルがいらないのがラィティングですね。

クラウドワークスランサーズを使って、案件をこなしていきます。

正直いって単価は低いですし、作業もあまり面白くないですが、フルコミットすればそれなりには稼げるようになりますね。

いわゆる、1円ライターと呼ばれる人達がいまして、彼らは1文字1円の案件をいくつもこなすことによって生計を立てています。

普通に月間20〜30万円稼げるみたいなので、文字を書くのが得意だったり好きだったりするなら、ぜんぜんアリな仕事だと思いますね。

ノマドになるならエンジニアがコスパ最高です。

とはいえ、ノマドになるならエンジニアを僕はオススメしています。

なぜなら、単価が高いので時間あたりのコスパが良いんですよね。

エンジニアという仕事は、勉強に時間もかかりますし、人材不足が深刻なので、単価はどんどん上がって行ってる状態です。

僕自身まったくの未経験の状態から1年でエンジニアになりました。前職はダーツプロという名のフリーターでしたね。

未経験からでもしっかり勉強さえできればエンジニアになることは可能ですし、フリーになって稼いで行くことも可能です。

20代の方は無料で有料大手のプログラミングスクールに通うことが可能で、転職のサポートまで受けることができます。

あわせて読みたい
【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】 この記事では、業界最大手の会社が運営する、20代限定の完全無料プログラミングスクールについて紹介します。 僕自身、プログラ...

20代以外の方にも有料スクールを比較していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのプログラミングスクールはこちら(詳細比較はこちら):

  • 定額で沢山勉強したい方は:TECH::CAMP
  • リスクゼロでプログラミングを学習したい方はWebCamp(8日間返金保証)
  • 確実に転職したいならWebCampPro(転職できなければ、全額返金保証)
  • 圧倒的コース数。ブロックチェーンなどの最新スキルが学びたい方はTechAcademy

まとめ:デジタルノマド・ハイパーノマドはメリットだらけ。おすすめはエンジニア。

この記事では、

  • デジタルノマド・ハイパーノマドとはそもそもなんなのか
  • デジタルノマド・ハイパーノマドとして海外で暮らすことの3つのメリット
  • 最短でデジタルノマドになるならライターがおすすめ
  • ノマドになるならエンジニアがコスパ最高

ということについて書きました。

デジタルノマドやスーパーノマドは、これからどんどん増えて行くと思います。

そんな働き方・生き方を目指す人のためになれば、嬉しいですね。

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

人気記事【無料】海外旅行・ノマドでおすすめの、最低限用意するべきクレジットカード

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter