フリーランス

ウェブエンジニアの将来性について【結論:めちゃめちゃ明るい】

ウェブエンジニアって将来性あるのかな…。
エンジニアって興味があるけど、これからも仕事があるのかな…。

こんな疑問に答えます。

この記事を読めば、ウェブ系エンジニアの将来性がめちゃめちゃ明るいということが分かります。

僕自身、未経験からウェブエンジニアに転職しました。以前の職業はダーツプロでした。笑

実際にウェブエンジニアとして働く僕が、ウェブエンジニアの将来性について調べてきたことや実際に感じていることをこの記事で書いています。

ぜひ参考にしてみてください。

結論:ウェブエンジニアの将来はかなり明るいです。

結論として僕は、ウェブエンジニアの将来はかなり明るいと考えています。
理由を詳しく見ていきましょう。

ウェブエンジニアの将来が明るい、3つの理由

1. 人が足りなく、エンジニアの需要が大きくなっていく

ウェブエンジニアに限ったことではないですが、現状、世界中でとにかくエンジニアが足りない状態なんですよ。

さらに、今後深刻化すると言われていて、ガートナーの発表によると2020年までに30万人のエンジニアが不足するそうです。

他の職種に比べて、圧倒的に人が足りない状況に陥ります。

こうなると、「エンジニアって人が足りなくなってめちゃくちゃブラックになるなじゃ…。」

と思うかもしれませんが、実はそうはならないんです。

なぜなら、どこの会社もエンジニアが不足してるので、ブラック労働をさせるような会社はエンジニアを雇うことが難しくなるからです。

既に、エンジニアを雇うためにリモートワークや自律型勤務を導入し、どんどん待遇を良くしていく傾向があります。

なので、これからウェブエンジニアの待遇は確実に上がっていきます。これは給料だけでなく、働き方という意味でもですね。

ちなみに、こちらの記事で僕がフルリモートのエンジニアとして働いている1日を公開してるので、参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【エンジニア】フルリモートワークの1日の働き方を公開【在宅勤務】 この記事では、実際にフルリモートのエンジニアがどのように1日を送っているかがわかります。 実は、めちゃくちゃ自由な働き方を...

2. プログラミングスクールを経て若い人材が入ってきている

もう1つの理由が、若い人材がプログラミングスクールを経由してエンジニアに転職してきているからですね。

プログラミングスクールとは、その名の通りプログラミングを教える学校です。ここで教えられているプログラミング言語はほとんどがウェブ系です。

理由は簡単で、未経験でも割りとすんなり習得できるから。

システム系の言語(C言語など)に比べてウェブ系の言語は圧倒的にとっつきやすく、すぐ形にすることができるんです。

このように、プログラミングスクールを経由して若い人材がウェブ系にどんどん流れてきています。

若い人材のいる業界というのは、少なくともそうでない業界よりも将来性が高いです。なぜなら、技術的に老いてしまう可能性が低いからですね。

伝統文化などが廃れていってしまってるのをよく耳にすると思いますが、あれと全く逆のことがウェブ業界で起きてると考えてもらえばOKです。

若い人が多い業界は元気もあってどんどん成長していくはずですよね。

3. ウェブ系のスキルは副業のハードルが低い

副業は、これからの僕たちの生活に「圧倒的な安定感」をもたらすものになるでしょう。

日本では、かなりの大企業ですら経営が危なくなったり、外国に企業に買収されたりしていますよね。

いま所属している会社がいつまで持つかなんて、誰にも分からない状態がこれからどんどん深刻になっていくことが予想されます。

そんな世界では、いくつも収入源を持っておくことが重要になります。

収入の多角化で最もハードルが低く、誰でも始められるのが「副業」です。そして、ウェブエンジニアの技術があると、かなり副業がしやすいんですよ。

例えば、かなり初歩的な技術でもLP(1枚ページ)を作るだけの仕事でも、副業で1日1万円を稼ぐのは難しくないです。

つまり、毎日やれば月30万円ほどになるんですよね。これに会社の給料を足せばかなり良い収入になるんじゃないでしょうか。

もちろん、毎日働きすぎるのもよくないので、実際はもう少し少なくなるでしょうが、5〜10万円、会社の給料とは別に入ってくるだけでもかなり安定度が増しますよね。

これから不安定な世の中になったときウェブ系の技術を持っているだけで、生き残れる可能性がグンと高まります。

これも、ウェブエンジニアの将来性が明るいという大きな理由ですね。

エンジニアを目指すなら、ウェブ系をおすすめする

上にあげたように、

  • エンジニアは需要が高い
  • 若い人が多い
  • 副業がしやすい

という理由から、IT系への転職を目指すのであればウェブ系をおすすめします。

詳しくは、こちらの記事に書いていますので、ぜひ参考にしてみてくだい。

あわせて読みたい
【5つの理由】IT企業に転職するなら、Web系が圧倒的におすすめ【経験談です】 そんな疑問に答えます。 この記事を読めば、IT企業に転職する際のおすすめの業界が分かります。結論からいうと、Web系がオス...

ウェブエンジニアの独学はおすすめしません。挫折しますよ。

「ウェブエンジニアになってみようかな」と考えている人に、プログラミングの独学はあまりオススメしません。

なぜなら、「ほぼ確実に挫折するから」です。

こちらの記事で詳しく書いていますが、ウェブ系とはいえ、プログラミングって初心者にはハードルが高すぎるんですよね。

あわせて読みたい
プログラミングを独学で勉強はおすすめしない。まず無理だと思う。 そんな悩みや疑問に答えていきます。 結論からいうと、多分無理です。 この記事では、プログラミングの独学は、ほぼ確...

僕自身、プログラミングスクールに通って半年でエンジニアになりました。そんな経験から考えても、やっぱりプログラミングスクールでてっとり早くスキルを身に着けてしまうのをオススメします。

ウェブ系は優良プログラミングスクールがたくさんある

ウェブ系のプログラミング言語(Ruby、PHPなど)を学習しようと思ったら、日本には優良なプログラミングスクールがたくさんありますよ。

特におすすめなのは、20代限定ですが、無料で受けられるTechAcademyキャリアというものです。

こちらの記事で詳しく書いていますが、無料のプログラミングスクールって大きなデメリットがあるんですよね。

しかし、ここのスクールだけは大手が運営しており、「転職先を自由に選べる」という点で他とは全く違います。

20代の方にはこのスクールをどこよりもオススメしますね。

20代じゃない方にも、おすすめのプログラミングスクールをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのプログラミングスクールはこちら(詳細比較はこちら):

  • 定額で沢山勉強したい方は:TECH::CAMP
  • リスクゼロでプログラミングを学習したい方はWebCamp(8日間返金保証)
  • 確実に転職したいならWebCampPro(転職できなければ、全額返金保証)
  • 圧倒的コース数。ブロックチェーンなどの最新スキルが学びたい方はTechAcademy

まとめ:ウェブエンジニアは将来性のある仕事です。

この記事では、

  • ウェブエンジニアの将来が明るい3つの理由
  • ウェブエンジニアの独学はおすすめしない

ということについて書きました。

ウェブエンジニアをやっている僕が言うので間違いないと思うんですが、働く環境はかなり良いです。

ぜひウェブ業界にトライしてみて欲しいです!

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter