副業・ネットで稼ぐ

テーマに興味がないライティングの受注業務への取り組み方を解説!

「ライティングといっても、テーマに元々興味が無きゃ書けないんじゃ」

「興味があるテーマを探しているけど、なかなか見つからない」

そんな方に向けて書きました!

この記事では、興味のないテーマのライティング業務への取り組み方を解説します!

僕も毎日、クラウドソーシングでライティングの業務を受注していますが、興味のないテーマがほとんどです。

あわせて読みたい
初心者の僕がクラウドワークスで初めて仕事を受けてわかったこと・感想今回は、初心者の僕が、初めてクラウドワークスで仕事を受けてみた感想を書きたいと思います。 「初心者って、、ブログ書いてんじゃん」 ...

その経験からも分かった、興味のないライティングテーマへの取り組み方を解説するので、ぜひ参考にしてください!

背景:興味のあるテーマのライティング業務はなかなか見つからない(特に初心者の場合)

「ライティング業務を受注するなら興味のあるテーマがいい」

「ただでさえ文章力に自信が無いのに、興味がないテーマなんて書ける気がしない、、」

こう思う気持ちは分かります。

誰しも今日ものあるテーマのほうが書きやすいですから。

でも、クラウドソーシングなどで、ドンピシャで興味のあるテーマのライティング業務に絞っていると、案件があまり見つかりません。

見つかっても、単価がすごく安かったり、未経験者であるがゆえに採用されなかったり、、

という感じで、仕事にありつけなくなります。

なので初心者であれば、

  1. 興味のあるなしに関わらず積極的にライティング業務を受注していく
  2. ある程度クラウドソーシング内での信用が貯またら興味のあるテーマのライティング案件を探して単価上げ交渉をする

という方法がベターかと。

よって今回は、ライティング初心者が興味のないテーマの案件に取り組む際の、心構えや方法を解説していきます。

興味のないライティングテーマへの取り組み方①:30分でいいので、テーマについて本気で考える

「興味がないテーマのライティングの場合、書く気も起きないし、テーマについて考える気にもなれない」

気持ち、すごくわかります。僕もそうでした。

人間、興味がないことについて考えろと言われてもきついです。

なのでこういう時は、30分、いや、15分でもいいので時間を決めて、その間だけテーマについて深く考えてみましょう。

最初から短い時間に決めておけば、案外いけます。

そして、興味が無くても、一度考え出すと、意外とライティングに集中できたりします

興味のないライティングテーマへの取り組み方②:まずはテーマについてググる

当たり前ですが、興味がないテーマのライティング案件に関しては事前知識がないので、まずはググりましょう

で、検索結果に出てきたページを、5件~10件くらい、さらーっと読んでみる

そうしていると、自分が書くべき内容が頭の中でざっくりとまとまってきます

興味のないライティングテーマへの取り組み方③:小論文のテストを思い出して、とにかく書く

そして実際に書く。

といっても、テーマに興味がないと書く気が起きない。作業がなかなか進まない。

そりゃそうです。

ですが、思い出してください。学生時代に受けていた小論文のテストを。

特段興味のないテーマの文章を読まされて、それについての感想を書いたり、要約をしたり。

しかもそれを制限時間内に書き上げる。

テスト開始時に問題を見た時は、

「うえ、こんなの書ける気がしない、、」

と思っちゃいますが、テストの時間が終わてみると、意外と書けているもんなんです。

どんなに興味がないテーマでも、切羽詰まって集中すれば、文章を書けるんです。

ぼく的には、ライティングの業務も小論文と同じだと思っています。

「これはライティングのお仕事だ!」

「とにかく質の高い文章を書かなきゃ!」

と固く考えてしまいがちですが、書かなきゃ始まりません

そして質を気にせずにとにかく文章を書いてみると、意外とそれなりの文章が書けてたりします。

なので興味のないテーマのライティングのコツは、小論文のテストを受けていると思って、(できれば時間を決めて)、とにかく文章を書くこと

これでいけます。

興味のないライティングテーマへの取り組み方④:あとは細かい修正をするだけ

文章を書いてしまえば、あとは、

  • 文章構成はおかしくないか
  • 誤字脱字はないか
  • 箇条書きにできる部分はないか

などなど、分かりやすい文章にするための細かい修正をしましょう。

この辺はテーマに興味が有ろうが無かろうが、どのライティング業務でも同じだと思います。

最後に読みやすい文章に仕立て上げ、記事をクライアントに納品しましょう。

まとめ:興味のないライティングテーマへの取り組み方は?

  • 興味のないライティングテーマへの取り組み方①:30分でいいので、テーマについて本気で考える
    興味が無くても、一度考え出すと意外と集中できる
  • 興味のないライティングテーマへの取り組み方②:まずはテーマについてググる
    検索結果に出てきたページを、5件~10件くらい読む。そうしていると、自分が書くべき内容が頭の中でまとまってくる。
  • 興味のないライティングテーマへの取り組み方③:小論文のテストを思い出してとにかく書く
    どんなに興味がない分野でも、切羽詰まって集中すれば、文章はあ書ける
  • 興味のないライティングテーマへの取り組み方④:あとは細かい修正をするだけ
    文章を書いてしまえば、あとは、分かりやすい文章にするための細かい修正するだけ

という感じです。

「興味がないテーマでもライティングのお仕事ができるのかな、、」

と悩んでいる方、ぜひ今回記事を参考にして、ライティングの業務に取り組んでみて下さい!

なお、初心者がライティングのお仕事を受注するならクラウドソーシングがオススメです。

王道のクラウドソーシングサービス2社への登録は下記公式サイトからどうぞ。(どちらも無料で使えます)

クラウドワークス公式サイト

ランサーズ公式サイト

あわせて読みたい
副業をする時間がない!副業をするなら趣味は我慢すべき? 「副業に興味があるけど、平日の夜と休日は趣味に使いたい」 「副業に使えそうな時間がない」 そんな方向けの記事です...

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

ABOUT ME
井上 駿
元食品会社の新卒社員。いのしゅん。 ↓↓twitter