退職・転職

若手社員ほど退職意向の伝え方で悩む!その理由と対策法

「退職意向の伝え方がわからない」

ということで悩んでいる若手社員の方、結構いるのではないでしょうか。

早速ですが、先日(2018/04/13)、下記のニュース記事にて、

若手の社員ほど「退職の伝え方」で悩む

という旨の記述がありました。

退職のきっかけ、1位は「給与」 マイナビニュース

確かに僕の感覚からしても、経験を重ねた社員よりも若手社員の方が退職の伝え方で悩みやすい、というのは納得ができます。

そこで今回は、なぜ若手社員は「退職の伝え方」で悩みやすいのか、その理由と対策法を書きました。

じつは僕自身、新卒で入った会社を1年で退職

食品会社の新卒社員だったぼくが、「起業するので辞めます」と会社に伝えた結果

また、以前、若手社員の退職を支援するいくつかのサービスの立ち上げ準備をしていた関連で、「実際に退職で悩む若手社員の方々」にインタビューを実施

※僕らが立ち上げようとしていたサービス案↓

今回はこれらの経験から得た知見も絡めて書いていこうと思います。

若手社員ほど「退職の伝え方」で悩むということが判明

冒頭でも書きましたが、先日、下記のニュース記事にて、

若手社員ほど「退職の伝え方」で悩む

という調査結果が報告されました。

退職のきっかけ、1位は「給与」 マイナビニュース

具体的なデータ(エン・ジャパンが、退職に関して不安に感じている点を年代別に調査)は以下。

出典:退職のきっかけ、1位は「給与」 マイナビニュース

年代別では、25歳以下は「退職をいつ伝えるか」(50%)、「退職理由をどのように伝えるか」(48%)など退職方法に関する項目が高い傾向に。

出典:退職のきっかけ、1位は「給与」 マイナビニュース

掲載されているグラフを見ると、そもそもほとんどの項目において25歳以下の若手社員が最も悩んでいるということが読み取れますが、、

確かに、

「退職をいつ伝えるか」

「退職理由をどのように伝えるか」

の2つの項目において、20歳以下の若手社員の割合が、他の年代と比べて特に多いことも分かります。

それに、僕自身が新卒で入社した会社を1年で退職したことや、冒頭で触れた退職関連のサービスの立ち上げ準備をしていた経験からも、若手社員ほど「退職の伝え方」で悩む、という事実には納得ができます。

若手社員が退職の伝え方で悩む理由

ここからは、ぼくの所感です。

なぜ若手社員ほど、「退職の伝え方」で悩むのか。その理由を考えました。↓

  1. そもそも退職をした経験が一度もない
  2. 上司や先輩のリアクションがこわい
  3. コストをかけて採用してくれた会社に申し訳ない
  4. お世話になった上司や先輩に申し訳ない

若手社員のほとんどは、人生で退職を経験したことがない(アルバイトを除いて)と思うので、上司への伝え方なんてわからない。そりゃあ不安になります。

ちなみには完全にぼくの実体験から言えること。

あわせて読みたい
新入社員だったぼくが、退職意向を会社に言いづらいと感じていた理由 退職意向を上司や先輩に言いづらい、、 どう切り出せばいいのかわからない、、 こんな悩みを抱えている新入社員の方、...

若手社員の場合、上司や先輩に仕事を教えてもらっただけで、まだ部署や会社の役に立つことができていない。(と思い込んでいる人が多い)

そんな状況で退職をすることが、上司や先輩に申し訳なさすぎるんです。

「退職したい」なんて伝えた際にはどんなリアクションをされるのか、こわくて仕方がありません。

あとは、若手社員って部署の下っ端であることが多いので、ブラック体質な職場の場合は退職意向を伝えようもんなら何て罵倒されるか、、これもこわいっすね、、

退職の伝え方(タイミングや理由)はどうすればいいの?

ぼく自身のケースでもそうですが、今までインタビューをしてきたほとんどの若手社員の方は、以下の流れで退職を伝えていました。

  1. 「話がある」と上司(先輩)にアポを取る
  2. 上司(先輩)と1対1の場を作り、退職意向を伝える
  3. 上司から、その上の役職者と人事に伝わる
  4. 人事と退職日や有休消化について話し合い

ざっくりですがこんな感じ。

まあ若手社員に限らず、退職の伝え方はこれが王道でしょう。(社内の組織構造によって若干変わったりもしますが)

退職意向の伝え方退職の手順については以下の記事でも詳しくまとめているのでどうぞ。

「退職意向を会社に言いづらい、、」辞める旨の言い方を経験者が解説!

新入社員が退職する際の手順を、経験者が詳しく解説!

なお退職意向は、直接、面と向かって上司や先輩に伝えた方が無難です。(個人的にはメールとかでもオッケーだと思うんですが、、)

退職意向はメールで伝えちゃダメ?僕がメールでもいいと思う理由

で、退職理由に関しては、「一身上の都合」で突き通せばオッケー。

若手社員であろうがベテラン社員であろうが辞める権利があるので、理由を正直に話す義務はないです。

とはいえ理由を聞かれても「一身上の都合」で突き通すのはおそらくメンタルが持たない(笑)

まあ、退職理由は何でもいいんですが、最も重要なのは、自信を持ってハキハキと伝え、「意志の固さ」を示すことです。これができないと引き止めに合います。

詳しくは以下の記事でも解説していますので、参考にしてください。

新卒社員が仕事を辞めるときに使える言い訳を紹介!

若手社員でも、次を決めちゃえば退職の伝え方はどうにかなる

若手社員の方が「退職の伝え方」を悩んじゃう気持ち、僕も当事者だったのですごくわかるんですけど、結局

つべこべ言ってないで、次(転職など)を決めちゃうこと

一番の解決策だと僕は考えています。

例えば、転職先企業の初出勤日が決まっちゃえば、退職を伝えざるを得ない状況になります。

また、既に転職先が決まっていれば、上司も引き止めようがありません。

退職理由を言うのもすごく楽になります。伝え方もくそも、事実をはっきり言えばいいだけですから。

(超ブラックな会社だと、転職が決まっていようが関係なく強引な引き止めに合うかもしれません。このようなケースで実際に退職した方のエピソードも下記記事で触れています。)

新卒社員が仕事を辞めるときに使える言い訳を紹介!

なので、もし「退職の伝え方」で悩んでいるのなら、とりあえず転職先を決める!

決めちゃえばどうにかなります。

悩んでいるだけで転職活動すら始めていない若手社員の方は、とっとと転職サイトや転職エージェントに登録して始めちゃいましょう。

とりあえず、

に登録しておけば間違いないとは思いますが、ちゃんと選びたいって方は下記記事を参考にしてください。

(転職サイトや転職エージェント、どれも完全に無料で使えます)

新卒社員が使うべき、【3大】転職サイトをちょー簡潔に比較!

【新卒社員にオススメ】総合型転職エージェント、大手3つを徹底比較!

第二新卒に特化した転職エージェント、王道4つを比較する

なお、「退職してから転職活動を始めるつもりだ」という方も、在職中に試しに転職活動をやってみても損はないかと。

「退職理由の上手い伝え方」に活きる等、メリットがあります。

新入社員が退職後に転職活動を始めることの、メリットとデメリット!

まとめ:若手社員ほど「退職の伝え方」で悩む理由と対策法

  • 以下のニュース記事で、若手社員ほど「退職の伝え方」で悩むということが判明
    退職のきっかけ、1位は「給与」 マイナビニュース
  • 若手社員ほど「退職の伝え方」で悩むのは、「退職が人生で初めて」「お世話になった上司や先輩に申し訳ない」「伝えた時のリアクションがこわい」などが理由
  • 退職意向は、上司にアポを取って1対1で直接伝える
  • 退職理由は何でもいいが、とにかく自信を持って伝え、意志の固さを示す
  • なんやかんや、次(転職など)を決めちゃえば「退職の伝え方」はどうにでもなる。次が決まったという事実を話せばいいだけだし、上司も引き止めようがない。

という感じです。

実際に「退職の伝え方」で悩んでいる若手社員の方、参考にしてください。

なお、退職や転職に関しては他にも色々書いていますので、もし興味があれば読んでみて下さい!

あわせて読みたい
これってパワハラ?上司に無視されている場合の対処法! 上司に無視されていて、仕事に行くのがつらい、、 上司が部下を無視するのって、パワハラじゃないの? この状況にどう対処...
あわせて読みたい
新入社員が抱える、職場における人間関係の悩みへの対処法3つ! 職場の人間関係で悩んでいる 上司や先輩との相性が合わず、仕事がつらい、、 毎日、仕事に行くのが憂鬱、、 そ...
あわせて読みたい
【20人以上に聞いた】新卒・新社会人が会社を辞められない理由 こんな疑問や悩みに答えていきます。 この記事では、新社会人が会社を辞めたくても辞められない理由について書いていきます。 ...



ABOUT ME
井上 駿
元食品会社の新卒社員。いのしゅん。 ↓↓twitter