フリーランス

【コツも有り】IT系におすすめの転職サイト・転職エージェント3選

IT系に転職したいけど、どうすればいいんだろう…。
IT系に転職するときのコツとかはあるのかな…。
IT系って本当に良い条件で働けるのかな…。

そんな疑問に答えていきます。

この記事を読めば、IT系に転職する際におすすめの、転職サイト・転職ーエジェントがわかります。
また、転職する際のコツも職種別に書いてます。

僕自身、ダーツプロという全く関係ない職種からIT系にエンジニアとして転職しました。

そんな実際の経験をもとに書いてますので、参考になるかと思います。

この記事の内容:

  • IT系におすすめの転職サイト・転職エージェント3選
  • IT業界に転職する3つのメリット
  • IT系に転職するならWeb系が圧倒的にオススメな理由
  • 【業種別】IT系に転職する前にやっておくと良いこと

IT系におすすめの転職サイト・転職エージェント3選

転職サイト・転職エージェントを使う目的

一応、転職サイト・エージェントを使う目的について簡単に書きます。既に分かってる方は飛ばしてください。

転職サイトやエージェントは基本的に、最新の情報にキャッチアップ、またはおいしい求人を逃さないために使うものです。

高待遇の求人って、会社側も本当に今すぐ人が欲しくて求人を出している可能性が高いですよね。

なのでいうなれば、早いもの勝ちみたいになってしまうんですよ。

条件が合う人同士なら、先に応募した人の方が圧倒的に有利です。

なので、できるだけ最新の情報にキャッチアップするためにも、以下のサイトは登録しておくとをおすすめします。

IT系最大手のレバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT系ならド定番の転職サイト・エージェントです。もちろん、完全無料で使えます。

日本では最大手のIT系特化転職サイト・エージェントです。

案件数が多いのもそうですが、とにかく最新の情報にキャッチアップするには一番です。

登録だけしておいて、メールをたまにチェックするレベルでもOKです。

転職業界最大手のリクナビNEXT

リクナビNEXTは、リクルートという大企業が運営している、転職サイトですね。完全無料。

IT系に限ったサイトではないですが、転職サイトでは日本最大です。

求人数が多いだけあって、ホワイト企業からいわゆるブラック企業まで、網羅的に掲載。

求人を出す会社は、できるだけ多くの人に求人を見てもらって、より多くの方に応募してもらいたいんですね。

なので、こういった大手の転職サイトにはほぼ確実に求人を出す傾向があります。

情報のキャッチアップには最適ですよ。

かなり大手のサービスなので、既に登録してるかもしれませんが、万が一登録してない場合はしておきましょう。

リクルートエージェントは、リクルートの運営しているエージェントです。

こちらも併せて登録しておくと、かなり効率的に情報をゲットできますよ。

若手におすすめのマイナビエージェント

こちらも、日本ではかなり大手の転職サイト・エージェントです。完全に無料です。

マイナビエージェントの場合は、20代や第二新卒などの若手に強いイメージですね。

自ら「20代~30代の転職に強い」と謳っているところからも若手の転職サポートに力を入れていることが分かります。

若手の方は、登録しておくのがベストですね。

ちなみに、こちらの記事で、転職エージェントを徹底的に比較してます。笑 よければどうぞ。

第二新卒の方はこちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
第二新卒に特化した転職エージェント、王道4つを比較する 「まだ新卒入社して3年以内でスキルや経験もあまりない」 「今の会社が嫌なので、転職をしたい」 「転職エージェントって...

IT業界に転職する3つのメリット

IT業界には、他の業界に比べてメリットになることがいくつかります。3つのメリットに絞って書いていきます。

IT系は給料の水準がめちゃめちゃ高い

参考:https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/ranking/01

このように、1位〜6位までに3つもIT系のエンジニアが入っていますね。

ちなみに、弁護士はもっと下で、13位です。

IT系って給料が他の業界よりもすごく高いんです。給料が高いのは大きなメリットですよね。

IT系の人材はこれからどんどん需要が高くなっていく

ガートナーの調査によると、2020年までに30万人のIT系人材が足りなくなるそうです。
(参考:https://www.gartner.co.jp/press/html/pr20170124-01.html)

現状でもかなり不足している状態ですが、今後さらにそれが加速していくんですね。

人が足りないと、会社にとっては雇いたくても雇えない、という状態になります。

なので、会社は人を雇うために、高い給料や魅力的な待遇を用意するしかありません。

これから需要がどんどん高まって行くIT系の人材はかなり高い確率で、給料や待遇が良くなっていきます。

これもIT系の大きなメリットになります。業界の先が明るいと、ポジティブに働けますしね。

IT系のスキルは副業に生かしやすい

もう1つ、IT系のスキルというのはかなり専門的です。

そして、専門的なスキルをフリーランスなどの特化した方に委託するようなやり方が、IT系では当たり前になっています。

普段は会社で働いて、夜や土日だけ副業としてフリーランスをしている方も沢山います。

IT系の専門スキルは、副業に生かしやすいんですよね。

いつ会社が潰れてもおかしくないような時代です。収入を複数用意できるのは、大きなメリットではないでしょうか。

IT系に転職するならWeb系が圧倒的にオススメ

詳しくはこちらの記事に書いているのですが、IT系に転職するならWeb系をオススメします。

簡単に理由をあげると、

  • 最新の働き方を導入している企業が多い
  • 若い人が多いので、ヤバイ上司が少ない
  • 身についたスキルで副業しやすい
  • 必要なスキルのハードルが高くない
  • 変化が激しいので、経験が少ない人にもチャンスがある

という感じです。

詳しくは、記事を読んでみていただければと思います。

あわせて読みたい
【5つの理由】IT企業に転職するなら、Web系が圧倒的におすすめ【経験談です】 そんな疑問に答えます。 この記事を読めば、IT企業に転職する際のおすすめの業界が分かります。結論からいうと、Web系がオス...

【業種別】IT系に転職する前にやっておくと良いこと

IT系に転職する前に準備しておくべきことを、職種別にまとめました。本気で転職を考えている方はぜひ。

前提として、IT系に転職するならエンジニアがおすすめです。

僕自身がエンジニアというのもあるかもですが、先ほどもあげたこちらの画像。

IT系のエンジニアの給料が高いですよね。なぜなら、エンジニアの需要が一番高いからです。

しかも、今後もどんどん高くなっていくんです。

なので、僕は未経験からIT系に転職するなら、エンジニアをオススメしますね。

エンジニアならProgateやプログラミングスクールに通って勉強しておこう

全くの未経験でエンジニアとして転職できる会社もあることはあるんですが、SES企業だったりするので、オススメしないです。

SES企業とは、エンジニアを派遣して手数料をもらう会社です。

ブラック企業に派遣されたりと、色々と消耗するのでオススメしません。

なので、やはりProgateやプログラミングスクールに通って勉強するのがオススメです。

僕は自分の経験上、独学はオススメしません。こちらの記事で詳しく書いてますが、大きな理由は挫折するからです。。

せっかく勉強しても、挫折してしまっては無駄になってしまいますよね。

エンジニアの給料なら、スクール代くらいは簡単に回収できます。

僕はスクールに通って一気にエンジニアになってしまうのをオススメしますね。

おすすめのプログラミングスクールはこちら(詳細比較はこちら):

  • 定額で沢山勉強したい方は:TECH::CAMP
  • リスクゼロでプログラミングを学習したい方はWebCamp(8日間返金保証)
  • 確実に転職したいならWebCampPro(転職できなければ、全額返金保証)
  • 圧倒的コース数。ブロックチェーンなどの最新スキルが学びたい方はTechAcademy

成果を何らかの形で残しておこう

Progateやスクールで勉強する場合は、何らかの形で成果を残しておくのを強くオススメします。

まだ分からなくて全然良いのですが、githubというツールで自分のプログラムを残せて管理もできます。

おすすめはサイトとして見える形にすること

githubだけでも全然良いのですが、オススメはサイトとして見れるように公開しておくことですね。

なぜなら、最初にあなたのスキルをチェックするのは、エンジニアではなく人事の非エンジニアだから。

githubってエンジニア用に作られたツールなので、非エンジニアにはどう見ていいか全然わからないんですよ。

なので、何らかの形で公開して、いつでも見てもらえるようにしておくとめっちゃ効果的です。

Webマーケティング・ブランディングならブログを持っておこう。

この辺の職種に転職したい方は、自分のブログを持っておくがベストだと思います。

マーケティング・ブランディングって結構な確率でライティングのスキルが必要なんですよね。

また、ブログに訪れる人を増やせてれば、マーケ・ブランディングのスキルのある証明になりますから。

実績があれば、確実にスキルがあることを証明できるのでオススメです。

デザイナーはポートフォリオを作っておこう

デザイナーを目指す方は、とにかくいろんな形で作品を作っておきましょう。おすすめはLPです。

LPとは、ランディングページの略で1枚ページで作った広告のようなものです。

1枚ページなので簡単ですし、とはいえ大事な要素が詰まっています。

あまり芸術的な方向に行くのはオススメしません。デザインとは機能です(by スティーブジョブズ)。笑

「伝えたい情報を的確に伝える」ということにフォーカスして、LPをいくつか作って自分のサイトから見れるようにしておきましょう。

まとめ:転職サイト・エージェントから情報の入手は必須。できることは事前にやっておこう。

この記事では、

  • IT系におすすめの転職サイト・転職エージェント3選
  • IT業界に転職する3つのメリット
  • IT系に転職するならWeb系が圧倒的にオススメ
  • IT系に転職する前にやっておくと良いこと

ということについて書きました。

とにかく、IT系は最新情報がすぐに変化するので、キャッチアップできるようにしておきましょう。

IT系のおすすめ転職サイト・転職エージェントはこちら:

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter