退職・転職

【新卒社員にオススメ】総合型転職エージェント、大手3つを徹底比較!

「転職エージェント、沢山ありすぎてどれに登録すればいいのかわからない、、」

ということで困っている新卒社員の皆さんに向けて書きました!

この記事では、新卒社員に超オススメしたい3大転職エージェントを徹底比較し、それぞれがどんな方に合っているかのを解説します。

結論だけ見たい方はここをクリック!

僕たちは、新卒社員の退職や転職に関連したいくつかの事業の立ち上げに取り組んでいたこともあり、新卒社員の転職・退職にはかなり詳しくなりました。

あわせて読みたい
スタートアップアイディア:退職支援アプリ、Hear me. サービスを考えたきっかけ このサービスは、しゅんが実際に悩んでいたことを元にして考えました。僕らはスタートアップを立ち上げるつもり...
あわせて読みたい
スタートアップアイディア:即金退職サービス Whiteee サービス(Whiteee)の概要 まずはざっくりWhiteeeの概要を説明します。簡単にいうと、退職したい方に10~20万など、転...
あわせて読みたい
スタートアップアイディア:相談転職アプリ、Vent サービス(Vent)の概要 Ventは社員の方が会社で抱える悩みを、別の会社で働く方に相談できる、というビジネスです。別の会社の方...

今回はそんな僕らが、新卒社員の視点に立って大手3つの転職エージェントを比較します!

どれを使うべきか迷っている新卒社員の皆さん、是非とも参考にしてください!

面倒な方は読み飛ばしてください。

転職エージェントには、大きく分けて総合型、特化型の2種類があります。

  • 総合型転職エージェント…業界、職種ともに幅広く扱っている
  • 特化型転職エージェント…ある業界、職種(エンジニア専門など)に特化

そしてこの記事で紹介する転職エージェントは、大手の総合型転職エージェントです。

新卒社員で、「転職活動は初めて」という方には、色々な業界、職種をリサーチできるという点で、総合型転職エージェントの方が無難、ということが理由です。

もちろん、既に行きたい業界が明確なのであれば、特化型転職エージェントを併用するのもアリだと思います。

結論だけ見たい方はここをクリック!

転職エージェントの比較基準

早く本題にいきたいという方は読み飛ばしてください。

今回まとめた、各社転職エージェントの比較基準は以下の3つ。(理由も併せて書いてあります)

  1. 扱っている求人数
    求人数が多ければ、それだけ良い求人も多いのですが、ブラック企業が混在している可能性も高まります。
  2. 扱っている求人の質
    転職エージェントによって掲載している求人の業界や年収帯が異なるため、自分の志望に合わせて選ぶ必要がある。
  3. エントリーから内定までのサポート体制
    やはり転職エージェントを使うメリットはプロの支援を受けながら転職活動を進められることなので、サポート内容の違いは重要

特に転職が初めての新卒社員の方が転職エージェントを選ぶ際、この3つの点に着目して選ぶことが重要です。

他にも、「適性診断ツールの質」、「サイトの使い心地」など細かいポイントはありますが、この辺はぶっちゃけ使ってみないと必要性が分からなかったりします。

なので、転職活動を初めて行う新卒社員にとっては、あってもごちゃごちゃして余計に判断がしづらくなると思うで割愛します。

んで、

「転職エージェントなんだから、エージェント個々人の質が重要なのでは?」

と思われる方、いるかもしれません。

確かにエージェント個々人の質は重要です。

しかしどの転職エージェント使おうと、質の良いエージェントもいれば、質の良くないエージェントもいます。

一概にどこの転職エージェントを使えば質の高いエージェントに出会える、とはなかなか言えません。(とくに大手の場合は)

そして大手の転職エージェントには、

  • 求人数が圧倒的に多い
  • 会社全体としてのサポート体制の充実度が高い

などの、小規模エージェントにはない利点があり、転職活動を初めて行う新卒社員には向いています。

したがって今回は、上で挙げた3つの基準をベースにして、新卒社員にオススメの3大転職エージェント(大手サービス)を比較したいと思います。

結論だけ見たい方はここをクリック!

【超王道】転職エージェント。リクルートエージェント!

リクルートエージェント

おそらく誰もが、新卒の就職活動の際に「リクナビ」を使っていたかと思います。

リクルートエージェントは、その「リクナビ」を提供する、リクルートホールディングスが運営する転職エージェント。まさに、就職活動、転職活動界の鉄板ですね。

利用料金ですが、すべてのサービスを完全に無料で使うことができます。

リクルートエージェントの求人数

求人数・・・約20万件

そのうち80%が、非公開求人

日本の転職エージェントのなかでは最多の求人数です。

新卒社員に限らず、多くの転職者が利用。

リクルートエージェントの求人の質

リクルートエージェントは、あらゆる業界、職種の求人を幅広くカバーしています。

求人数が多いだけあって、ホワイト企業からいわゆるブラック企業まで、網羅的に掲載。

よって、転職エージェントに任せきりではなく、自分でもしっかりとリサーチすることが重要です。

いろいろな業界、職種をリサーチしながら、転職活動を進めていけるという点で、将来のビジョンがあまり定まっていない新卒社員に向いていると思います。

リクルートエージェントのサポート体制

リクルートエージェントのサービスの流れは以下の通り。

  1. 転職支援サービスに申し込み
  2. スタッフが求人情報を確認、ご連絡
  3. キャリアアドバイザーと面談
  4. 求人紹介・書類添削・面接対策
  5. 企業に応募、書類選考、面接
  6. 内定後、年収交渉や今いる会社の円満退社へのアドバイス

(面接日程や入社日程の調整はキャリアアドバイザーにお任せ)

一般的な転職エージェントのサポート内容と同様です。

大手だけあって面接対策や書類添削のノウハウはかなり貯まっているので、その辺の信頼度は抜群。

転職経験のない新卒社員でも安心して使えます。

リクルートエージェントはどんな人にオススメ?

リクルートエージェントは、

「よくわからないけど、とりあえず転職エージェントを使って転職活動を始めたい!」

という新卒社員の方にオススメです。

とにかく求人数が多く、業界も幅広く網羅している超王道の転職エージェント

とりあえず転職活動を始めたいという新卒社員の方にとって、最初に登録する転職エージェントとしては間違いないでしょう。

リクルートエージェントを使ってみた上で、必要に応じて他のサービスにも登録していくという順序がオススメ。

無料登録はこちらから→リクルートエージェント

結論だけ見たい方はここをクリック!

若手に強い転職エージェント!マイナビエージェント!



新卒の就職活動の際、ほとんどの人が「リクナビ」と同時に、「マイナビ」を使っていたかと思います。

その「マイナビ」を提供している、株式会社マイナビが運営する総合型転職エージェントが、今回紹介するマイナビエージェントです。

リクルートエージェントと同じく、完全に無料で使えます。

マイナビエージェントの求人数

マイナビエージェントの求人数・・・約25000件

そのうち80%非公開求人

今回比較する転職エージェントの中では一番少ない求人数です。

マイナビエージェントの求人の質

マイナビエージェントが扱う求人の半数以上は、メーカーとIT業界

また、他の総合型転職エージェントと比較して、第二新卒をターゲットとしている求人や中小企業を多く扱っています。

マイナビエージェントは、自ら「20代~30代の転職に強い」と謳っているところからも若手の転職サポートに力を入れていることが伺えますし、口コミなどを見ても20代や30代からの評価が高いです。

その裏返しなので仕方がないのですが、30代後半以上でキャリアアップに繋がる転職を望んでいる層からの評判はそこまで良くないです。

マイナビエージェントのサポート体制

マイナビエージェントのサービスの流れは以下の通り。

  1. 申し込み
  2. キャリアカウンセリング
  3. 企業へ応募
  4. 書類添削・面接対策
  5. 内定・入社

(面接日程や入社日程の調整はキャリアアドバイザーにお任せ)

サービスの流れ自体は一般的な転職エージェントの同様

面接対策や書類添削の質の高さを強みとして謳ってはいますが、、

その辺はどの転職エージェントにも共通しているサポート内容ですし、口コミなどを見ても、正直、担当するアドバイザーによるといった感じです。

ただ、全体的に見て、アドバイザーが他の総合型転職エージェントよりも親身にサポートしてくれるという評判はあるので、初めて転職活動をする新卒社員の方には使いやすいかもしれません。

マイナビエージェントはどんな人にオススメ?

マイナビエージェントは、

「第二新卒の採用に積極的な企業をターゲットにして転職活動をしたい」

「大企業にこだわりはあまりない」

という新卒社員の方にオススメです。

今回比較する2つの転職エージェントと比べて求人数は少ないですが、第二新卒を受け入れている企業中小企業に狙いを絞るのであれば使いやすいでしょう。

その反面、キャリアアップや年収アップにつながる転職は難しくなる可能性もありますが、、

どちらかというと、

  • 今の会社がブラックで嫌だ
  • 業界を変えたい

などの理由で転職を希望する新卒社員の方にオススメ。

無料登録はこちらから→マイナビエージェント

結論だけ見たい方はここをクリック!

転職エージェントと転職サイトのイイトコ取り。DODA!

転職サイトDODAで転職

DODAはリクルートエージェントに次ぐ、国内第2位の規模を誇る転職エージェント

そして、リクルートエージェントにはない特徴がいくつかあります。

他の転職エージェントと同様、全てのサービスを完全に無料で利用可能。

DODAの求人数

DODA求人数・・・約12万件

そのうち80%が、非公開求人

リクルートエージェントよりは少ないものの、膨大な数の求人を扱っています。

DODAの求人の質

DODAはリクルートエージェントと同様、いろいろな業界、職種を網羅的に掲載。

幅広くリサーチをしながら転職活動を進められるという点で、やりたい事が定まっていない新卒社員には合っています。

そして求人数が多い分、質の良い求人と、質の良くない求人(ブラック企業など)が混在。

まあこれはしょうがないです。”求人数が圧倒的に多い“というメリットの裏返し。

利用する際は、エージェントに頼りすぎず、自分でもしっかりと企業をリサーチしましょう。

DODAのサポート体制

DODAのサービスの流れそのものは、一般的な転職エージェントと同様です。

  1. 会員登録
  2. DODAエージェントサービスに登録
  3. キャリアカウンセリング
  4. 求人紹介
  5. 書類作成・応募
  6. 面接
  7. 内定・入社

ですがDODAには、他の転職エージェントとは大きく異なる、以下の2つのポイントがあります。

  1. スタッフが2名体制であなたの転職をサポート
  2. 1つのサイトで、転職エージェントと転職サイトの両方の機能を使える(どちらも無料)

まず①の、”スタッフが2名体制であなたの転職をサポート” に関して。

DODAでは以下2名のスタッフがあなたの転職をサポートします。

  • キャリアアドバイザー
    あなたのキャリア全体の相談をうけ、未来を見据えたサポートをする。いわゆる一般的なエージェント。
  • 採用プロジェクト担当
    応募する企業、業界に特化したアドバイザー。企業の理解が深いので、人事担当者目線で面接対策や書類添削を行う。

転職活動が初めである新卒社員にはかなり心強いサポート体制です。

次に②の、”1つのサイトで、転職エージェントと転職サイトの両方の機能を使える” に関して。

一般的な転職支援サービス(リクルートやマイナビなど)では、転職エージェントと、転職サイトを、まったく別のサイトで運営しています。

一方でDODAでは、同じサイト上で、転職エージェントとしてのサービスと、転職サイトとしてのサービス両方、同時に使えます。

よって、例えば一度登録したWeb履歴書やプロフィール情報、適性診断結果などを転職サイト・転職エージェントの両方で使いまわせるので、利便性は高いです。

また、キャリアアドバイザーに相談をした上で、自分で企業を探して応募するのも全然アリ。

転職サイトと転職エージェントを同一サイト上で併用することで、効率的に転職活動を進められるんです。

DODAはどんな人にオススメ?

DODAは、

「より多方面からのアドバイスを受けながら転職活動を進めたい!」

「転職エージェントと転職サイトを同時に使って、効率的に転職活動を進めたい!」

という新卒社員の方にオススメです。

上でも紹介したように、DODAでは2名体制であなたをサポートするので、1名だけのサポートよりは安心感が増します。

また、「転職サイトと転職エージェントをどっちも使いたい」という場合、DODAであれば転職サイト・転職エージェントの両方を同一サイト上で使えて便利です。

以上のような方には、DODAが圧倒的にオススメ。

無料登録はこちらから→DODA

結論:新卒社員に超オススメな転職エージェント3つ、それぞれどんな人に向いてる?

  • リクルートエージェント
    「よくわからないけど、とりあえず転職エージェントを使って転職活動を始めたい!」
    という新卒社員の方!
    求人数が日本最多であり、扱っている業界も幅広いので、最初に登録する転職エージェントとしては間違いない
  • マイナビエージェント
    「第二新卒の採用に積極的な企業をターゲットにして転職活動をしたい」
    「大企業にこだわりはあまりない」
    という新卒社員の方!
    第二新卒を受け入れている企業や、中小企業に狙いを絞るのであれば使いやすい。
  • DODA
    「より多方面からのアドバイスを受けながら転職活動を進めたい!」
    「転職エージェントと転職サイトを同時に使って、効率的に転職活動を進めたい!」
    という新卒社員の方!
    スタッフ2名体制であなたをサポートするので、安心感がある。転職サイト・転職エージェントの両方を同一サイト上で使えて便利。

という感じです!(3つ全て、利用は完全に無料です)

ぼく的には、まずは王道のリクルートエージェントを使ってみて、慣れてきたら必要に応じてマイナビエージェント、DODAにも登録してみるというのがオススメですが、、

もちろん人それぞれ合う、合わないがあるので、この記事を参考にして自分に合いそうな転職エージェントに登録してみましょう。

今回紹介した転職エージェントへ無料登録

ではでは、新卒社員のみなさんが希望の企業に転職できることを、心より願っています!

もし今回紹介した総合型転職エージェントを使った上で、

  • 「転職がなかなか上手くいかない」
  • 「自分に合いそうな求人を紹介してもらえない」

といった事で困っている場合は、第二新卒や20代に特化した転職エージェントを使うのも一つの手です。

若手の育成環境や待遇面などに基準を設け、ホワイト企業のみを紹介している転職エージェントが多いのもメリット。

下の記事で詳しく紹介してますので、もし興味があれば参考までにご覧ください。

第二新卒に特化した転職エージェント、王道4つを比較する

※なお第二新卒特化型の転職エージェントには、

  • 求人数が少ない
  • キャリアアップや年収アップに繋がる転職が難しい

などのデメリットもあります。

どんな転職エージェントにも長所と短所があるので、自分の目的に合ったサービスを選びましょう。

あわせて読みたい
新卒社員が使うべき、【3大】転職サイトをちょー簡潔に比較! 「転職サイト、沢山ありすぎてどれに登録すればいいのかわからない、、」 ということで困っている新卒社員のみなさんに向けて...
あわせて読みたい
新入社員が退職後に転職活動を始めることの、メリットとデメリット! 「会社の仕事が忙し過ぎて、転職活動をする時間がない」 「退職後は、しばらく休みたい」 「退職後に転職活動をするのって...
あわせて読みたい
新入社員が退職する際の手順を、経験者が詳しく解説! 新卒入社した会社を退職したいけど、手順が分からない 新入社員なので、退職は今回が初めて 退職の具体的な手順を知りたい...
ABOUT ME
井上 駿
元食品会社の新卒社員。いのしゅん。 ↓↓twitter