フリーランス

正社員が狙える在宅ノマド・リモートワークのおすすめ求人サイト3選

リモートワークがしたいけど、正社員として安定した生活したい…。
在宅で働きたいけど、社員として福利厚生ももらいたい…。

この記事では、在宅・ノマド・リモートワークで正社員が狙えるおすすめの求人サイト3つを紹介してます。

僕自身、フルリモートのエンジニアとして働いています。

過去にリモートワーク系の会社を尋常じゃないくらい調べてまして、この辺にはかなり詳しいです。

ぜひ参考にしてみてください。

クラウドワークス運営の、クラウドテック

クラウドソーシング最大手の上場企業が運営

クラウドワークスという、クラウドソーシング(副業マッチング)サイトの最大手が運営しています。

クラウドテックは、エンジニアやデザイナー、ライターなど様々な職種の人と企業をマッチングさせるサービスです。

”働き方改革”をかなり全面に推し進めている会社だけあって、様々な働き方に応じた企業をマッチングしてくれます。

このように、フルリモートの求人も扱っています。

まだまだ新しいサービスなのですが、その分、新しいことにトライしている企業が登録してますね。

正社員で在宅・リモートワークを狙っている方は、とりあえず登録しておいて、情報をおさえておきましょう。

日本最大手の転職サイト、リクナビNEXT

こちらは、日本の超大企業であるリクルートが運営している転職サイトですね。

日本最大手の転職サイトです。案件の数が半端ないので、在宅やリモートワークも結構な数の求人が常にある感じですね。

こんな感じで検索すればOKです。自分の職種と組み合わせて、検索してみましょう。

登録しておくだけでかなり最新の情報が送られてきます。

最大手の転職サイトだけあって、ベンチャーから大企業までかなり幅広く求人が載っていますね。

正社員で在宅・リモートワークがしたい方は、できるだけ幅広く求人情報を得ておかないとです。登録だけでもしておいた方が良いでしょうね。

最新の転職マッチングサイト:Codeal

Codealは、かなり最新の転職マッチングサイトです。高収入×リモートワークの求人案件を主に扱っていますね。

マッチングできる職種はいまのところ、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケター
  • ディレクター
  • PR

です。当てはまる方は登録しておきましょう。

こちらは、かなり高単価・高報酬の案件をメインで取り扱っていますね。

こんな感じで、完全リモートワークの案件が結構あります。

週4〜5などの求人は、フリーランスとして一定期間働いたあとに、確実に正社員を狙えると考えて良いですね。

この辺の理由は下に書いていますので、参考にしてください。

ただ、1つ注意してもらいたいことがあります。

たまに、完全リモートワークと書いていても、月1や週1は会社に行かなきゃいけないような求人があることです。

この辺は注意して、求人探しをしましょう。

フリーランスや業務委託から正社員を狙うのは全然可能

業務委託ってそもそもなに?

業務委託とは、企業に雇われるのではなく、企業と対等の立場で業務の依頼を受ける働き方です。
参考:https://employment.en-japan.com/qa_317_1010/

簡単にいうと、この仕事やってくれたらいくらあげる、という契約です。

フリーランスで働いてる方は、業務委託契約を複数結んでいろんな仕事をしています。

社内業務を分かってる人は貴重なので、社員を狙うのは全然可能

そして、この業務委託を受けると、かなりその会社の業務について理解できます。

その会社にしかないやり方や、働き方って絶対にありますよね。

そんな会社特有の働き方を覚えた人って、教育コストがかからないし、安定して成果をだしてくれるので、かなり貴重なんですよね。

特にエンジニアなどの職種は、本当に人が足りてないので、正社員を狙える可能性はかなり高いでしょうね。

リモートで業務委託→そのままリモートで正社員 の流れです。

確かに在宅・リモートワークの正社員は最強かもしれない。

安定と自由を兼ね備えた最強の働き方

正社員でリモートワークって、安定しながらも自由に働けるので、確かに最強かもしれないです。

社員にとって、かなり理想的な働き方であることは間違いないですね。

なので、ほぼ確実にこれから急増していくと思います。

日本は労働者がどんどん足らない時代に。雇用条件は良くなっていく。

雇用条件を社員の希望に寄せていかないと全然採用できない時代です。

とはいえ、正社員でリモートワークという働き方が増えると、希望する人も圧倒的に増えると思うので、競争に巻き込まれそうな予感ですね…。

できるだけいまのうちに正社員でのリモートワークを狙っておいた方が良いでしょうねぇ…。

正社員のリモートワークを狙うなら圧倒的にエンジニアをおすすめする。

なぜなら、異常なほど人が足りてないから

エンジニアって、本当に人が足りてないんですよ。
2020年までに、約30万人のエンジニアが足りなくなるそうです。

必要な人数に対して、圧倒的に労働者が足りてない職種なんですよね。

となると、少ない人数をいろんな企業が奪い合うことになります。

そして、リモートワークや正社員といった労働者に魅力的なオプションをつけて行く企業がどんどん増えます。

なので、正社員のリモートワークを狙うなら、とにかくエンジニアをおすすめします。

前職とか、専門知識とか関係なくエンジニアにはなれる。

僕自身、ダーツプロっていう全然関係ない仕事からエンジニアになりました。

前職の経験とか、専門的な知識とか全然関係ないですね。僕も全然知識無かったので。

そんなこと気にしないで、いけそうな気がする方はエンジニアになっちゃいましょう。

未経験からエンジニアになるなら、プログラミングスクールがおすすめ。

未経験からエンジニアになる方法は、こちらの記事で詳しく書いています。

とにかく、プログラミングスクールに通うのが最速かつ確実にエンジニアになる方法です。

エンジニアは結構稼げる職種なので、これくらいの投資は一瞬で回収できますよ。

ブーストかけてエンジニアになっちゃいましょう。

おすすめのプログラミングスクールはこちら(詳細比較はこちら):

  • 定額で沢山勉強したい方は:TECH::CAMP
  • リスクゼロでプログラミングを学習したい方はWebCamp(8日間返金保証)
  • 確実に転職したいならWebCampPro(転職できなければ、全額返金保証)
  • 圧倒的コース数。ブロックチェーンなどの最新スキルが学びたい方はTechAcademy

まとめ:正社員が狙えるリモートワークのおすすめ求人サイトを紹介。エンジニアおすすめ。

今回紹介した、おすすめの求人サイトは、

です。

正社員×リモートワークという、最強の働き方を目指して、どんどん最新情報をゲットしていきましょう。

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter