フリーランス

エンジニアの僕が無料のプログラミングスクールをおすすめしない理由

社会人
社会人
無料のプログラミングスクールってあるけど、なんで無料なんだろう…。
怪しい…やめておいた方が良いのかな…。

そんな疑問や悩みに答えます。
この記事では、無料のプログラミングスクールは、あまりおすすめしないという理由がわかります。

僕自身、プログラミングスクールに通ってエンジニアになった経験があります。
また、人材系のビジネスを立ち上げようとしていたので、ここら辺のビジネスモデルを良く理解してます。なので、情報の確度は高いと思います。

そもそも無料のプログラミングスクールってなに?

無料で、プログラミングを教わることができる学校

まぁ、そのままなんですが。笑

通常、プログラミングスクールに通うには、授業料がかかります。教えてもらうので、当たり前ですよね。

ただ、無料のプログラミングスクールでは、完全に無料です。これは、別に詐欺とかじゃないので、その点は安心してください。
交通費とかは流石に出ないと思いますが、授業料は確実に無料です。

なぜビジネスモデルが成り立っているのか?

じゃあ、なぜビジネスモデルが成り立っているのか、と気になりますよね。
こちらの別サイトの記事を見てもらえば分かるんですが、無料で授業を受けられる、「条件」があるんです。

この条件、大体2パターンで、

  1. 提携している人材紹介会社で就職
  2. スクールの運営会社に就職

というものです。

つまり、プログラミングを学んだ後に、指定された人材紹介会社で就職するか、スクールの運営会社に就職するのが「条件」になってるわけです。

なぜ無料で成り立つのか、気になりますよね。

なぜかというと、人材紹介の手数料がハンパないからです。通常で、年収の30~35%を手数料として紹介された会社が支払うんです。

つまり、年収300万の人なら、約90万を払って人材を紹介してもらうんです。
この手数料の大きさが、このサービスを成り立たせているんですね。

スクールで育てた生徒を、人材紹介会社で企業に紹介して、その手数料を紹介会社とスクールが分けあっているんです。

エンジニアというのは、本当にどこの会社も人手が足りてないので、人材紹介市場ではオイシイ案件なんです。

プログラミングスクールは大体、1ヶ月10万円程度です。なので、3ヶ月分の授業料を負担しても30万円です。

一人紹介すれば最低でも60万は入ってくるので、ビジネスとして成り立つんですね。

これが、無料のプログラミングスクールがビジネスモデルとして成り立つ理由です。

働きたい企業で働けないのはめちゃくちゃ損

確かに、無料でプログラミングスクールに通えるのはメリットなんですが、働きたい企業で働けないのは損しまくりです。

仕事内容が楽しくないと、そもそもスキルも伸びませんし、すぐ仕事を辞めてしまっては元も子もありません。

せっかく、自由の効くエンジニアという仕事につくので、ノマド的な働き方ができる企業や、新規サービスをどんどん立ち上げている会社など、自分に合った会社を探すべきです。

プログラミングを勉強したあなたには価値がある

エンジニアが圧倒的に足りない時代です。プログラミングを学習したあなたにはめちゃくちゃ価値があります。

考えてもみてください。人材を紹介するだけで90万とか払うんですよ。あなたにはそれくらい価値があるんです。

価値の高いエンジニアなら、自分の行きたい会社で、自分に合った働き方ができる会社を選ぶことができます。

そのためにも、転職系の最新情報にキャッチアップしておくのは必須です。おすすめはリクナビNEXTですね。
リクルートホールディングスという最大手が経営しているので、圧倒的に件数が多いです。

最新のベンチャーに転職したい方は、Wantedlyがおすすめです。東京のベンチャーはほとんど求人を出してます。

あとは、転職エージェントに登録しておくと、エージェントが勝手に就職活動してくれるので、おすすめです。こちらも最大手のリクルートエージェントで間違いないですね。

登録しておくだけで、情報をどんどん流してくれるのでおすすめです。

プログラミングスクールならこの2つがおすすめ

ということで、プログラミングスクールは有料のところおすすめします。
大手のプログラミングスクールなら、講師の質も高いし、授業の種類もたくさんあります。

おすすめのプログラミングスクールはこちらです:

WebCampは、8日間の返金保証つきなのが特徴です。通ってみて、うわープログラミングきっついな…。って感じたら返金してもらえばいいので、リスクゼロです。

TECH::CAMPなら月々7500円程度で分割払いできるので、初期費用ほぼゼロで通えます。めっちゃ良い時代っすよね…。

ちなみに、未経験からエンジニアになる方法をこちらの記事にまとめているので、よかったら参考にしてみてください。

あわせて読みたい
1年でエンジニアになれたので、エンジニアになる超具体的な方法公開【元ダーツプロ】 そんな疑問や悩みに答えていきます。 この記事では、未経験からエンジニアになる具体的な方法について書いています。 僕自...

IT留学はおすすめしない

プログラミングスクールの選択肢として、IT留学というものもあります。
これは、フィリピンなどの国で、プログラミングの勉強をしながら、英語も同時に学べる、というものです。

僕自身、IT留学を経てエンジニアになりました。ただ、こちらの記事でも紹介しているように、IT留学はおすすめできません。

理由は、

  1. コストがかかりすぎるから。(僕は半年で200万以上かかりました。)
  2. 先生の質が高くないから(フィリピンでプログラミングを教えて生活したいエンジニアは少ないです。)
  3. 英語とプログラミングを同時に学ぶのはキャパオーバーするから

ほかにも理由はあるんですが、大体こんな感じです。(ハエが多い、とか。笑)

とにかく、日本のプログラミングスクールに通いましょう。東京に住んでいなくても、リモートで通えるので問題なしです。

おすすめのプログラミングスクールはこちら:

まとめ:無料のプログラミングスクールはたしかに無料だけど、おすすめしない!

無料のプログラミングスクールが、ビジネスとして成り立つ理由は、「無料」のかわりに、

  • 人材紹介の手数料をとってるから
  • 運営会社にそのまま就職させるから

が条件としてあるのが理由でした。

おすすめしない理由は、働きたい企業で働けないのはめちゃくちゃ損だからです。
いまの仕事や、これからの人生に不安があるからこそ、エンジニアを目指す方が多いと思います。

であれば、自分に合った働き方、内容を選ぶべきです。

ということで、初期費用もほぼゼロなので、国内の有料プログラミングスクールに通って、ささっとエンジニアになってしまいましょう。

おすすめのプログラミングスクールはこちら(詳細比較はこちら):

  • 定額で沢山勉強したい方は:TECH::CAMP
  • リスクゼロでプログラミングを学習したい方はWebCamp(8日間返金保証)
  • 確実に転職したいならWebCampPro(転職できなければ、全額返金保証)
  • 圧倒的コース数。ブロックチェーンなどの最新スキルが学びたい方はTechAcademy

人気記事【無料】授業料と転職サポートが無料!超優良プログラミングスクールを紹介【20代限定】

ABOUT ME
岩橋 咲弥
元ダーツプロのPHPエンジニア。最近はReactらへんのフロントに興味がでてきました。 ↓twitter